このブログはこちらへ引越しです 主にリアルな話なのであしからず http://bianchi-celeste.seesaa.net/

2006年10月11日

玉鋼ってすごいですね^^

おはよーございます。

昨日レベル13だったアムロ君はレベル17まで育ちました。

思春期真っ只中ですね。


ひたすら鉄作ったり、玉鋼作ったりです。

昨日は炭を3500個くらい使いました。

売ってる人がいたら多分もっとやってたと思います。

玉鋼売れば元は十分取れるし、鍛治ってうまいのぉ。


生産にどっぷり浸かるのも分かるような気がします。


そういうことで、普段しない採集を忍者がやってる訳です。

炭掘ったり、鉄掘ったり・・・


倉庫に磨き砂がどんどんたまっていきます。


炭と鉄は速攻で無くなりますけどね><



あとは手伝いで、富士に赤土取りに行ったりで終了。

アムロ君も欲しかったけど、あっさり却下されましたよ。


しかしレベル17で目録が生産系しか進んでないので、野良で徒党は組めそうに無いなw

心得は4まで終わってますけどね。


後は槍と懐剣の1しか終わっていない・・・


野外はもう少しで2が終わります。



さて、今日から復興戦ですね。


三方ヶ原で徳川・上杉軍vs今川・三好
復興戦で織田vs斉藤・武田

織田はとにかくやるだけですが、三方ヶ原は圧勝してもらいたいなぁ。


今回は巫女をメインで参戦してみよーかなぁと思ってみたり。


PCの威力も見てみたいし。

どれだけ見えるのか。

防衛神目指してみようかなw



後は特にないかなぁ。


昨日はPSU組みが夜集まったり。
(隊長はいなかったような・・・ その前の日にやったんだな。きっとそうだな。)


アムロ君は修理くらいならできるかも。

そっちのがメインになってたりしてねw


口笛〜吹いて歩こう
肩落としてる友よ

誰も〜悪くは無いさ
きっとそういうもんさ〜♪

口笛〜吹いて歩こう
空には星がきれい〜♪

敬愛している斉藤和義の「空に星が綺麗」って歌のくだりです。


今日からの復興戦。
肩の力抜いて、楽しみましょう。

肩こりは変頭痛の元ですしねw
posted by マチルダ at 09:00| 広島 ☁| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
玉鋼かいますょw材料全部店買いゃから高いの(・ω・;)
修得ゎPLしてりゃなんとかなる。最近いろいろ便利になってるしさ(^∇^〃)
Posted by 太田竜成 at 2006年10月11日 09:27
某隊長は今日から出張です(’’;
土日くらいしか復興戦でれませんw
頑張ってね(、、
Posted by 某隊長 at 2006年10月11日 09:31
太田さん
玉鋼 半分売れましたw
まぁこれからも量産しますので。
某隊長
出張先に持ってけw
Posted by マチルダ(織田淳也) at 2006年10月12日 08:23
 むかし、ジャパンインパクトというNHKのドキュメンタリー番組で島根県安来市にある日立金属の特殊鋼の話がありました。さすが世界ブランドらしくアメリカのジェットエンジンの合金につかわれているのですが、日本刀の原料製造がルーツなんだという話を思い出しました。ジェット機のCO2排出抑制技術に日本古来の技術が生きています。
Posted by 古代出雲 at 2007年12月16日 20:49
 ウチもここの特殊鋼を使っています。S-MAGICという次世代SKD11、つまり金型が凄く精度よくつくれる鋼材で色々おせわになっています。
Posted by 高精度マニア at 2008年04月28日 19:27
そういえば司馬遼太郎氏が「街道を行く(砂鉄の道)」を取材しているとき、鉄の神といわれる金屋子神社(島根県安来市)を参拝したのだが、この神社の風情が中世的であることを残念がっていた。スサノオ神話より想定される古代鉄の古さとでその手がかりを、掴みたかったのかもしれない。地元のものが「ここは戦国時代、尼子と毛利の激戦があって古いものが多く消失した。」との説明に少し残念そうにしていたと日立金属のかたから伺ったことがある。
しかし、最近この地域で弥生時代の鉄器が多数発掘されその量も北九州に準ずるものだという。その時代は実は大和は鉄器がほとんど発掘されておらず、この地がいかに先進地域だったかをうかがわせる話で生きていれば司馬遼太郎氏もさぞ喜んだことだろうと思われます。
Posted by 松浦 at 2008年06月02日 19:51
 私は、日本近代絵画に燦然と輝く名作、青木繁の「海の幸」の絵をブリジストン美術館で見ましたが、あのとき出雲国風土記の安来郷のくだりにある、サメへの復讐を果す場面をまざまざと思い出して、古代ロマンの豊潤さに感動したことがあります。
Posted by 大同信長 at 2008年07月01日 22:35
 それにしても日立金属の株価って強いですね。
Posted by 黄金郷 at 2008年07月03日 20:02
 日立金属の株などは良く知らんが、先端材料を良く開発している話は聞くな。
Posted by 工具メーカの人間 at 2011年09月30日 19:22
尼子の和鋼技術と毛利のサムライ魂が結合して、発展してきたのが、日立安来工場。真砂砂鉄、たたら、木炭銑、海綿鉄。たたらの遺伝子を引き継いだ日立金属安来。
Posted by たたらの遺伝子 at 2015年08月15日 14:08
安来の海綿鉄プラント。実験炉だけでも、極めて困難。正に、恐るべき技術だ。
Posted by 釜石 at 2016年01月28日 19:58
海綿鉄製造。アーク炉での白銑塊溶解を思うとき、そのとてつもない労苦を忘れてはならない。わかる人はわかります。称賛に値しますね。
Posted by 水島 at 2016年02月09日 18:10
先人達が築き上げてこられた、偉大なものづくり力に胡坐をあいていてはダメ。後を引き継ぐのは、現役世代。若い世代なのだ。
Posted by キミガタメ at 2016年04月03日 06:22
日本最期の海綿鉄。白銑塊。サバハクセン(南アフリカ、イスコール社製)の方が、5月定年になられると聞いた。今世紀ではいないはず。会ってみたい人です。
Posted by 元京大大学院生 at 2016年06月21日 12:27
日立金属安来は、凄まじいオーラを放ってますよね。応援したくなります。
Posted by 名寄 at 2017年01月31日 22:19
あの、日立安来を定年までたどり着く自体,物凄いと思う。皆、言ってる。
Posted by 関根 at 2017年02月10日 17:20
すなわち、安来和彊会は驚くべき存在ですね。尊敬します。
Posted by 函館 at 2017年03月13日 20:56
ザッラとした、泥臭い力強さ、さすが、安来鋼。気になるエリア。島根の安来。
Posted by 高品質マニア at 2017年03月18日 00:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
当ブログはリンクフリーです。 相互リンク大歓迎です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。